079-559-6687
営業時間|10:00~18:00 定休日|年中無休
TALOログハウスの特徴

総ログ主義

TALOログハウスは創業以来一貫して
全ての外壁や2階部分も含めた全ての構造壁に
木製ダボをしっかりと打ち込んでログを積む
本物の「総ログ」を基本にして います。

TALOが総ログにこだわる理由

世界初のログハウス実大振動実験
※音が出ますので音量にご注意ください。

耐震性能

壁構造の建物であるログハウスは地震のような大きな外力がかかるとログ壁全体で力を受けて分散します。

これにより横方面に積まれた一本一本のログ材が微妙に揺れ動くことで 地震力を分散吸収し、地震被害を軽減できるのです。

蓄熱性能、断熱性能

木はとても断熱性に優れた素材で熱の伝えにくさは コンクリートの約10倍といわれています。これは木の細胞内にある空気が外部からの熱を伝えにくくしているためです。

また、木は「一度暖まると冷めにくい」という優れた蓄熱性を持っています。 一般的な断熱材には無いこの性質が冬場に暖房を切っても家の中全体がずっとほんのり暖かい、と言われるような快適性を生むのです。

耐火性能

TALOでは、ログハウスの耐火性能と安全性の高さを実証するため独自にログ材の改良を重ね公的機関による耐火実験を行ってきました。その結果2013年には、ログ ハウス業界で”最も薄い壁厚”で「60分耐火認定」を取得。 一定の規模、用途であれば、防火規制のある地域でもログ壁のままでの建築が可能になっています。 厚みあるログ材が芯まで燃えるのは大変時間がかかりますし万が一新建材のように燃えても有毒ガスを発生しないので安心です。

調湿性能

無垢の木には湿度が高ければ水分を吸収し、湿度が低ければ水分を放出して室内の湿度を一定に保つという働きがあります。TALOログハウスはこの木の性質のため室内の湿度はいつも50%前後という非常に快適で健康に良い湿度に保たれています。 この50%という湿度は細菌の発生を抑えるのに最適な湿度なのです。

一人一人のお客様に合わせた自由設計

特殊な敷地条件や特別なご要望にも専属のログハウスプランナーが対応し
お客様と一緒に”納得の一棟”を形にしていきます。
ゼロから自由設計する場合も、設計料はかかりません。

資料請求・お問い合わせ